墓地や埋葬の法律「墓埋法」に反した墓地を作ったり、埋葬を行うと罰せられる

墓地や埋葬には法律があることは知っていますか?

日本では、「墓地、埋葬等に関する法律」、略して「墓埋法」によって、墓地や埋葬について取り決めがされています。

「墓埋法」では、埋葬の定義から、埋葬方法、墓地や納骨堂に対する規定、罰則などが記されており、日本で葬儀をし、埋葬をするには、守らなければいけないものとされています。

「墓埋法」において簡単に説明すると、埋葬とは遺体を土中に葬ることで、火葬は遺体を土中に葬るために焼くこと、火葬場とは火葬のために都道府県知事から許可を得た場所、墓地は墓を建てるために都道府県知事の許可を得た場所、納骨堂とは他人の委託によって遺骨を収集するために都道府県知事から許可を得た場所というように、定義されています。

つまり、「墓埋法」で決められている以外の方法で埋葬を行ったり、許可のない場所に墓を建てたりすると、罰せられてしまいます。

詳細については、「http://whatisanirahowdoesitwork.com/」が勉強になります。